運動音痴でもなんとかなる?スキーをすべるためのコツ

運動音痴でもなんとかなる?スキーをすべるためのコツ

冬のスポーツの代表格と言えばスキーですが、運動音痴の人にはややハードルが高いスポーツ。
スキーが上手くなるには、どうしたらよいのかをまとめてみました。

スキーが苦手な人の特徴とは

スキーが苦手な人の特徴
スキーがなかなか上手くならないという人の特徴は、バランスをとるのが苦手、スピードが出ると腰が引けてしまうなどが挙げられます。
バランスがとれないとちょっとした段差で姿勢が崩れた際に体勢を立て直せず、転んでしまうこともあります。
へっぴり腰はスピードに対する恐怖心でなることが多いですが、これもバランスが悪くなり転倒の原因になります。

スキー初心者は何から始めるべき?

スキー初心者は何から始めるべき?
まったくの初心者でスキー場に来たのも初めてといった人は、まずは雪面に慣れることから始めましょう。
それにはスキー板をつけて平らな面を歩くことから始め、慣れたら板を横にして斜面を登ることを繰り返し行い、斜面に慣れるべきです。
これによってエッジの使い方にも慣れることができます。

まずはボーゲンから

まずはボーゲンから
エッジが使えるようになったら、緩やかな斜面を利用してボーゲンという初心者向けの滑り方に挑戦しましょう。
ボーゲンの滑り方は、スキー板の先端をつけるようにして後端は間隔を空け、カタカナのハの字になるようにして滑ります。
この方法だとスピードが出にくいのですが、左右の板の離れ具合によってスピードが変わるので、最初のうちは横長のハの字を作る気持ちでスピードを緩めましょう。

ボーゲンでの方向転換

ボーゲンでの方向転換
ボーゲンで方向転換したい時は、曲がりたい方向の脚に重心をかけるとそちらへ曲がっていきます。
板の内側のエッジを立てることでスピードを制御し、これをと言います。
ストックは深く刺したり全体重をかけたりせずに、雪面に軽く置く程度にしましょう。

これに慣れてきたら方向転換中は板をハの字にし、下降が終わるあたりで板を揃えてみましょう。
このターンをする場合、エッジは板の外側を使っています。

参考:スキーのプルークターンとシュテムターンの違いを分かりやすくお教え願います。

転ぶ練習をしておくのも効果的

転ぶ練習をしておくのも効果的
初心者は転ぶことを恐れるあまり変な姿勢で倒れ、かえって骨折などケガのリスクを高めてしまいます。
大きな段差をジャンプした時はさすがにコントロールが難しいですが、普通に滑っている時の理想的な転び方は、両脚をバラバラの方向に向けずに揃えて、山側に横向きに倒れること。

転んだあと左右の足の向きがバラバラになっていたら、上になっている方の脚をまず持ち上げてから両脚を揃えましょう。
もし斜面の谷側に体があれば回転して山側に体が、谷側に脚が来るように直すと、起き上がりやすくなります。

記事まとめ

ボーゲンでの滑りに慣れてきたら、スキー板を揃えて滑る斜滑降へと移行していくのですが、あせりは禁物。
まずは少しずつハの字が縦長になるようにしてみましょう。スピードが上がってきますので、対処できず転んでしまう手前でやめて、しばらくその状態で滑ります。

くっつけ気味にしていたスキー板の先端を徐々に離すと、更にスピードが上がりますが、スピードに慣れ恐怖心が薄れてこないと斜滑降はできないので、初心者ならまずはボーゲンで滑って雪面に慣れましょう。