初心者でも気軽に楽しめるアイススケートの滑り方

初心者でも気軽に楽しめるアイススケートの滑り方

冬のスポーツとして人気のあるアイススケートは、他のウインタースポーツと比べてインドアでも楽しめる点、都会でもできるので移動時間が短い点がメリットです。
しょっちゅう行けるということは、初心者の練習にとっても魅力的。

滑り方のコツを知って、スケートをもっと楽しみましょう。

皆に親しまれているアイススケート

皆に親しまれているアイススケート
スケートは専用のゲレンデが必要なスキーやスノーボードと異なり、ある程度の広さのある凍った面があればできるので、雪国生まれでなくても体験したことがある人も多いのではないでしょうか。
郊外で生まれ育った人の中には、池や湖が凍ったところや、空き地などに水を溜めて自然に凍らせた場所でスケートをした経験を持つ人もいらっしゃるかもしれません。

都会育ちの人もインドアのスケートリンクでのスケート体験を持つ人も多く、広く親しまれているウインタースポーツと言えるでしょう。

スキーより難しい?スケート技術

スキーより難しい?スケート技術
スキーやスノーボードの場合、新雪やある程度深さのある雪だとアイスバーンのような凍った面が少ないので、転倒に恐怖感を持つ人、スピード感が苦手な人にとっては親しみやすいのかもしれません。
しかし、スケートはすべてがアイスバーンのようなもの。

幅があるスキー板と異なり、(スケートの刃)は細く、立つだけでも難しく感じます。
最初はスピードが出せないのでゆっくりと慣れていけるかもしれませんが、バランスが取れないと歩行もままならないかもしれません。

まずは立つことから

まずは立つことから
初心者はまずリンクに立つことすら難しいと思いますが、リンクには外周に手すりがあるので、まずはつかまってゆっくりと立つ練習をしましょう。
ブレードの前を開きかかとはつけて、靴の向きをV字にして、膝は軽く曲げておきます。

立てるようになったら、次は手すりなしで立つよう練習してみましょう。

足踏みから歩行へ

足踏みから歩行へ
立てるようになったら、次は手すりをつかんでその場で足踏みをしてみましょう。ブレードが氷面と平行になるように保ちながら、片足を少し持ち上げて下ろします。
体がぐらつかず、足首をぐにゃぐにゃさせず伸ばすよう意識しましょう。

足踏みに慣れたら歩行に移っていきますが、最初は手すりをつかんだままでやってみましょう。大股で歩かずに、片方の土踏まずのあたりにもう片方のかかとをつけるようにして、少しずつ前に出していきます。
この時前に出ているほうの脚に重心をかけると、少しだけ滑って前に進むので、繰り返しで歩行することができるようになります。

このやり方に慣れたら、後ろにある脚のブレード側面で氷を蹴るようにすると、歩行から滑る動作へと移ることができます。
氷に引っかけて転ぶ原因になりがちなブレードの前についたギザギザは、ジャンプ用なので初心者は使わないようにしましょう。

参考:スケートをはじめるには?

記事まとめ

スキーが得意でスケートが苦手な人にとっては、凍った面で動くことが難しいと感じているようです。
逆の場合は斜面を滑ることが怖いと感じる人もいるようで、どちらがより怖いかは人それぞれのよう。
スケートに対しての恐怖心も強く、なかなか上達できない人は、まずは凍った面に慣れることで苦手意識を払拭していきましょう。