子供でも安心して遊べる雪遊び

子供でも安心して遊べる雪遊び

冬は子供も連れて雪遊びを楽しみたいと思っている保護者の方、初めての雪に子供は大喜びするでしょうが、やることによっては危険も多々あります。
大人も子供も一緒に楽しめるアクティビティをご紹介すると共に、子供連れの方々が気をつけなければいけない点をまとめてみました。

雪を使って子供と一緒にできる遊びとは

雪を使って子供と一緒にできる遊びとは
雪遊びというとスキー、スケートなどが王道ですが、道具や技術を必要としないアクティビティなら、雪がある場所ですぐに遊ぶことができます。
雪を使ってできる遊びとは、そり遊びや雪合戦などが挙げられます。
複数の子供がいれば力を合わせてかまくら作り、中でお汁粉を食べるなどの体験も楽しいものです。

スキー場のキッズパークで遊ぼう

スキー場のキッズパークで遊ぼう
大人が初心者の子供を連れてスキー場に行く場合、混み過ぎて接触の危険はないかなど気を使うもの。
そして、子供がまだスキーに興味を示していない場合は、無理強いすることは禁物です。

最近はスキー場にキッズパークという子供が安全に遊べるコーナーがあるので、そうしたエリアでまずは遊んでみてはいかがでしょう。
キッズパークでは大型遊具などで遊ぶこともできますが、そり遊びやチューブ状の遊具に乗って滑るチュービングなど、スキーをしなくても滑る遊びが楽しめます。
まだ小さい子供や、スキーに飽きてしまった子供を楽しませるにはうってつけです。

スキーに慣れていない子供はボーラーカルーセルで

スキーに慣れていない子供はボーラーカルーセルで
「ボーラーカルーセル」とはカルーセル(回転木馬)のように回転するバーにつかまってスキーやスノーボードの練習をするもの。
まだゲレンデに出るには早いと感じられたら、ボーラーカルーセルを使えば滑ること自体に慣れることができて、子供にとっては一種の雪遊びにもなります。

スノーストライダーでスピード感を楽しむ

スノーストライダーでスピード感を楽しむ
自転車のタイヤの下に、短いスキー板がついたような乗り物で平らな雪面を滑る、」にも注目です。
スキーと違ってターンなどの難しい技術は必要がないので、スキーが滑れない保護者と一緒でも大丈夫。
斜面は避けて平らな雪面で滑り、安全な広い場所で楽しみましょう。

寒さ対策もしっかりと

寒さ対策もしっかりと
子供は体力がないため、遊びに夢中になっている時は元気でも、疲れてしまうとすぐ寝てしまったりぐずったりします。それを防ぐには遊ぶ時間を早めに切り上げさせることですが、楽しんでいるところをやめさせるには忍びなく感じるかもしれません。
同行した大人の負担を軽くするためにも、雪遊びをする場所と宿泊施設が近い場所を選んでおくこと。

また、皮下脂肪が薄い子供の体は冷えやすいので、子供と言えど機能性下着を着せるなどして寒さ対策をしっかりととっておきましょう。
参照:幼少期に増える皮下脂肪、思春期を終えて増える内臓脂肪

記事まとめ

安心して子供と一緒に雪遊びをするには、大人がきちんと目配りすることが大切です。
・スノーボードなど技術が必要な遊びの場合、保護者自体が初心者なら遊ぶ内容を選ぶか、子供をスキーが習える教室に入れてみてはいかがでしょうか?

とはいえ、子供には雪遊びを押し付けず、自分からやりたいと言い出さない限りは無理じいしない方が良いでしょう。
家族みんなで楽しめる雪遊びをすることで、充実した休日を過ごしましょう!