知らないと命を落とすことに!冬山に登るために必要な装備

知らないと命を落とすことに!冬山に登るために必要な装備

登山を愛好していても、冬山は行かない人は多く、その理由はやはり危険だからというイメージがあるからのようです。
もちろん十分なルート研究や必要な装備がなければ、無謀な挑戦になってしまいますし、重大な事故を引き起こすことにもなりかねません。

それでも美しい雪景色など、冬山には夏山にはない魅力がたっぷり。
危険の少ない低山から始めて、雪山の魅力に触れてみませんか?

冬山に必要なウェア

冬山に必要なウェア
冬山は天候がよくても気温がマイナスになることも珍しくなく、風が強い日だと体感温度は更に低くなります。
それを防ぐためには、と呼ばれる防風性と耐寒性のあるジャケットを着ましょう。

しかし、最初のうちはあまり危険がない低山の雪山に行くでしょうから、レインウェアの上下でも充分です。

積雪期登山の危険とは

積雪期登山の危険とは
冬山は夏や秋の無雪期登山と異なり、雪の積もったルートを歩きます。そのための専門の用具も必要で、雪を歩くための歩行技術も必要。
場所によっては雪崩に遭わないための知識も蓄えるべきですし、気温が低い中行動するので、装備に不備があると低体温症にかかる恐れもあることを知っておきましょう。

また、道に迷ったときに、遭難につながりやすいので地図を読む力も必要となります。
くれぐれも初心者だけで出かけることのないよう、必ず経験豊かなリーダーに同行してもらうようにしましょう。

冬山装備で一番大事なのは靴

冬山装備で一番大事なのは靴
冬山においては夏山では使わない装備が必要ですが、その一つが雪山用の靴。
冬靴は高いし、夏に使っていた靴をとりあえず使うというのはおすすめできません。

なぜなら、冬山の厳しい寒さを遮断する必要があり、夏山用の靴ではそれが不可能だからです。
また、冬靴はアイゼン(滑り止めとして機能する金属のつめ)をつけられるように固い作りになっていますが、夏山用の靴では柔らかすぎて歩いているうちにアイゼンが外れてしまい、悪天候になった時などに自分も同行者も危険にさらすことになるからです。
冬山に行く際はしっかりとした靴を選びましょう。

雪山を歩行するための補助的な道具

雪山を歩行するための補助的な道具
条件のよい雪面なら冬靴だけでも歩けますが、滑りやすい状況では靴にとりつけて滑り止めの役割を果たす金属の爪、アイゼン()が必要です。
アイゼンには前方に爪がついていない「軽アイゼン」が安価となっていますが、状態の悪い斜面を歩くには10本か12本爪のアイゼンがおすすめです。
また深雪、新雪の上を歩くには、「」というかんじきの一種が有効です。

スノーシューでも問題ないのですが「わかん」に比べて重く、長時間歩くには不向きです。
さらに、斜面を登れないのと、「わかん」と違ってアイゼンを履いたまま装着できない点が面倒なので、登山をするならやはりわかんがおすすめです。。

こういったアイテムを、すべてを一度に揃えるとけっこうな出費になってしまうので、これから雪山の登山を続けるかどうかまずは試してからという人には、負担になってしまいます。
サイズが合わせる必要がある靴以外は経験者に借りたり、レンタルショップを利用してみたりしましょう。

参考:冬山は十分な体力、装備、計画を!

他にもあると便利な装備

他にもあると便利な装備
ストックは比較的平らな雪面なら冬でも使え、スノーシューハイキングでも歩行を補助してくれます。
ただし、斜面では使いづらいので、本格的な雪山の登山を目指すならピッケルが必要になります。

ピッケルの長さは身長に応じたものにすべきなので、登山道具店でちゃんと相談して買いましょう。
普通の縦走用ならまっすぐなタイプでよいですが、中級者になり斜度の高いルートを行く場合は、カーブのあるピッケルが必要になってきます。
どういう登山をするかはっきりしていない人は、まずはオーソドックスなピッケルを使ってみましょう。

記事まとめ

夏山とは異なり様々な危険をはらむ冬山の登山ですが、行った人しか楽しめない美しい景色を満喫でき、かけがえのない体験ができるのが魅力。
真っ白な雪がつもった道の美しさ、雪の上についた野うさぎなど動物の足跡、山の静けさと清涼感のある冷たい空気など、冬の山には夏では味わえない独特の味わいを、ぜひ楽しんで下さい。